女性が健やかに、心も体も輝くお手伝いをする 幸せの祈石~キセキ~

札幌在住、嵐とチワワ、日本ハムファイターズが大好きです。オリジナルヒーリング、天然石アクセサリーでみなさんが幸せになるお手伝いをしています。子宮筋腫を患い、手術を受けました。その時の経験から、婦人科の病で悩む方の参考になる記事も書いています。みなさんにすべての良きことがなだれのごとく起きますように!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

幸せになる邪魔をしていたもの

こんにちは、ご訪問ありがとうございます!
ハッピー・アドバイザーの佳音(かのん)です^^


自分が幸せになるのを何かが邪魔している。
そのことはよく分かっていました。



具体的なことは、セルフヒーリングをしようと思っていたのですが、自分の力だけではなく、頼りになる友人の力も貸していただきました。
小顔で大きな目の美しいちかみちさんです。


パワフルで、とても繊細なヒーリングをするちかみちさんにお願いして、私が幸せになるのを邪魔しているものを見ていただきました。



佳音さんの声で


「幸せになるのが怖い」


と聞こえてきました。


「彼女のこのブロックは過去生で何度も幸せになったとたん、不慮の事故、裏切りなどに遭い、その悲 しみで作ってしまったものなのです。


「自分が幸せになるとよくないことが起きる」と思うようになってしまった。
そして果てしない何十万年光年のその昔に発端はさかのぼります。」


佳音さんの守護者の白い龍がいろいろ教えてくれました。


「ある一つの星がありました。
静かな穏やかな癒しの星。
彼女はそこの星の巫女で祭祀をつかさどるものでした。


そばには彼女のツインソウルである聖 なるドラゴンが寄り添っていました。
このときの彼女は祭司で星を守ること、祈ることにすべてを捧げ、このドラゴンを魂のパートナーとしてこの星を守っていました。


でも星間戦争が起き、この星は中立を守っていたがゆえに、快く思わない星の人たちに攻撃をされ、彼女を守るために真っ先に彼女のツインソウル の龍 が前に出て攻撃を受け、命を落としました。


彼女の絶望感がわかりますか?
真っ先にパートナーの龍を失ったこと、星もあっという間に打撃を受け、彼女は何一つ助けられない自分を恥じました。
彼女はそして大いなる災いの力によりこ の星とともに跡形もなく宇宙空間の塵 となってしまいました。


今はもうない星なのです。」


レムリアよりも後の話だと思います。


「今回のヒーリングで彼女の古い古い悲しみ、そして星の悲しみが癒されていきます。
彼女はそう、その星の意識そ のものでもありました。


彼女に伝えてください。
あなたは今世はその失った悲しみ、幸せにはなっていけないというブロックの先に進むために生まれてきました。


幸せになるために。
そして地球を今度こそはしっかり守るために」



このメッセージをちかみちさんからいただいた時、涙が止まりませんでした。


それは

「ああ、そうだったんだ」

という感覚でした。


本当は、もっともっとメッセージをいただいたのですが、一部抜粋しました。


幸せになるのが怖い。
幸せになりたくない。


どこかでそう思っている人は、けっこう多いと思います。
それは、現世でのことばかりが原因ではなく、過去世での出来事が原因になっていることもあります。


私は今回ちかみちさんにヒーリングをしてもらったことで、自分の幸せを邪魔しているものが分かりました。
そのことを意識して、癒していきたいと思っています。


ヒーリングを受けたことがない方も、自分が幸せになるのを邪魔しているものという漠然としたイメージでも構わないので、それが溶けて消えていくところをイメージしてみるといいと思います。
具体的に何が原因か分からない時でも、少しは効果があると思います^^


私を強力にサポートしてくれたちかみちさんが、5月限定で無料ヒーリングとアチューメント伝授を少し安くして下さっています。
詳しくは、こちらのブログをご覧下さいね。


ここに来てくれたあなたに、すべての良きことがなだれのごとく起きます!
心からの愛と感謝をこめて☆


■幸せの祈石~キセキ~■
【営業時間】 9:00~23:00 
※時間外でも対応出来ますので、お気軽にご相談下さい
なお、ネットショップは24時間営業しています

◆心も体も、美しく輝くお手伝いをします!
セッションメニュー
◆浄化したい、ポジティブになりたい時には
オルゴナイトの店 幸せの祈石~キセキ~
◆キラキラした輝きを身にまといたい時には
天然石アクセサリーの店 幸せの祈石~キセキ~

《お問い合わせは、こちらからどうぞ!》






スポンサーサイト

| ◆もっと、幸せへの道 | 08:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT